背中ニキビ 皮膚科の治療と薬とは?

背中ニキビ 皮膚科の治療と薬について調べてみた結果 !!

背中ニキビ 皮膚科の治療と薬について調べてみました。

 

なかなか治らないと言われている背中ニキビケアに疲れきって、早く治す方法として皮膚科に通うこと

 

を考えている人もいると思います。

 

 

 

もちろん、背中ニキビ 治し方はないかと考えた時に、まず市販薬を使ってみたり石鹸を変えてみたり

 

と色々と工夫して実践したでしょうね??

 

そして、結局何をやってみても思ったような効果が上げられないから、最後には皮膚科に行こうかと考

 

える・・・・・・これがパターンではないかと思います。

 

治りにくい背中ニキビに手こずった結果、皮膚科の病院に行くのですが・・・・・

 

でも現実は皮膚科に行くのにも、時間とお金がかかるのです・・・・・

 

そこの所も踏まえて、実際の皮膚科の治療について調べてみました。

 

背中ニキビ 皮膚科の治療方法について

 

まず皮膚科の治療には、「健康保険適応する治療」と「健康保険適応外の治療」があります。

 

ニキビの程度によって治療が変わってきますので、保険適応内の治療は程度が軽いもの

 

保険適応外の治療は、程度が重い ・ ニキビが悪化していたりニキビ跡の場合に使うようです。

 

保険適応内の治療 保険適応外の治療
内服薬

 

(抗生剤、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、漢方薬 etc)

ピーリング

 

@ケミカルピーリングという

 

A皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布し、古くなった角質や毛穴に詰まっている角栓老廃物などを溶かして除去する治療法

塗り薬

 

(抗菌剤が含まれている薬・ステロイドが含まれている薬・抗生物質が含まれている薬の3種類あります)

レーザー

 

@レーザーは、肌に小さな穴を無数に開け皮膚の入れ替えを行う治療法

 

Aクレーターのような凸凹のあるニキビ跡に効果的な方法

 

B痛みを伴うので麻酔を使用する場合もあり

 

C使用後にかさぶたが出来るのでアフターケアもセットで行う

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)

 

光治療(フォトフェイシャル)

 

@IPL(インテルス・パルス・ライト)という特殊な光をあてる治療

 

A肌のターンオーバーを促し、コラーゲン再生を活性化させる

 

Bニキビの赤みや、色素沈着、ニキビ跡に効果を発揮

  イオン導入

 

@イオン導入とは、肌と導入物質に微弱な電流を流して、ビタミンCなどの有効成分を肌の深くまで届けることを可能にした方法

 

AビタミンCの浸透効果が倍増するので、ニキビ予防やニキビ痕を薄くすることができ、即効性もあり

 

  ホルモン治療

 

@ホルモン療法は、ホルモン剤を3ヶ月程度を目安に服用

 

Aホルモンバランスが崩れた影響で、過剰になった皮脂分泌を抑制し、毛穴の詰まりを予防する

 

Bただしホルモン剤は、副作用が強いので注意が必要

 

上記のように、健康保険適応内の治療に関しては安くはなりますが、保険適応外の治療は全て実費

 

なりますから相当お金はかかると思ってください。

 

まず皮膚科で、「費用はどれくらいかかるのか?」を聞いてから、考えても良いでしょうね。

 

人によって各治療の回数も違いますから、費用は皮膚科で聞くしかないようです。

 

ただし、皮膚科に通った場合でも治るのに日にちはかかりますので・・・・・・

 

すぐに、あっという間に治るような夢の治療法は無いと思ったほうがベストですね。

 

このサイトでは、背中ニキビジェルのジッテプラスを使って、ニキビケアをしていく方法をお伝えしている

 

のですが、これもニキビケアの一つの方法ですから、試してみる価値はありますよ・・・・・・・

 

 

 

⇒ジッテプラス公式サイトはこちら